カテゴリ:たび( 43 )
ベトナム旅行日記 vol.8
ベトナム旅行日記 vol.1
ベトナム旅行日記 vol.2
ベトナム旅行日記 vol.3
ベトナム旅行日記 vol.4
ベトナム旅行日記 vol.5
ベトナム旅行日記 vol.6
ベトナム旅行日記 vol.7

さて、今日はいよいよ最終日。本日の予定は
パッキング→遅めの朝食→プール→チェックアウト→エステ→空港へ

最後バタバタするのは嫌なので、ホテル満喫コースにしました。
すっかり支度を済ませて朝食へ。
悔いのないよう、ベトナム風な料理を選んで食べました。

ママはプールサイドでゴロン、私は相変わらずプールの中を徘徊。
でも「絶対溺れない」と確信があれば水の中は気持ちがいいものですね。

チェックアウトも済ませ、ピックアップまで4時間。
ここはもう、エステでしょう…
c0103729_12391126.jpg

2度目の「VOUS」へ
全身オイルマッサージ、ボディスクラブ、フェイシャルの3hコースに
宿泊サービスでヘッドマッサージ付きの3h30コース。

長時間のエステといってもパックしている間放置されていることが多いのですが、
ここは、その間も足裏マッサージやヘッドマッサージなどで
放置されなかったことがとても良かったです。

至福の時間が過ぎて鏡をみるとなんかピカピカしてる♡肌もツルツルしてる♡
ここのエステは本当にオススメ!ニャチャンに行ったらぜひ。
パッケージコースで6500円くらいだったかな。すごく安かったです。

あっという間に時は過ぎ、さよならニャチャン…と思いつつロビーで待っていると
「イトウサンデスカ、ヒコウキ、ディレイデス」
2時間遅れるとのことで近所にゴハンを食べに行くことに。

c0103729_1255671.jpg

チャーゾーの影に隠れてあまり食べなかった生春巻き。
このレストランではヌクマムではなく、ピーナッツ系のソース。
コクがあってなかなかおいしい。

c0103729_1257228.jpg

牡蠣のグリルチーズのせ
あーっ、牡蠣ももっと食べればよかった!気づいたら最終日。

c0103729_12582190.jpg

ソイヤソースで食べる焼きそばは安定しておいしい。ベジタブルにしました。
ちなみに、意外かどうかはわかりませんがブロッコリーが嫌いです。

ビールとレモンジュースを1杯づつ飲んで2人で800円くらいかな?
ホーチミンより田舎だからか、物価はさらに安いようです。

ホーチミンに比べるとタクシーのメーターあがるの早いかな?と感じましたが、
バイクや人が横切る中ノロノロと運転するホーチミンに比べ、
ニャチャンは一本道をビュンビュン走るので、まー納得。
ノロノロ運転が普通になっていたので
ニャチャンのタクシーはちょっと新鮮でもあり怖くもありました。

空港についても、ちょいちょい遅れていく飛行機に不安。
ホーチミンの空港ではでは友人が待っています。

本当はホーチミンの街に戻って夕飯食べるくらいの時間はあったのにギリギリ。
友人をだいぶ待たせてしまいました。
彼はいつものように正装していて、
連絡もできずに遅れた私たちを笑顔で迎え、荷物を運んでくれました。

いつも「お土産」をもらうのですが、お酒だったり、果物だったりで
持って帰るのが嫌で「いらない、いらない、重い!」と冷たく言っていた私に
私が探していた「しょっぱいちっちゃいピーナッツ」と
ツボがお土産に買っていたコーヒーを持たせてくれました。
彼は、私たちに迷惑にならないお土産を選んでくれたのです。

ベトナム語はもちろん、英語もロクにしゃべれない私は、彼の日本語に頼りっきり。
でもなかなか通じない時もあり、遠回しに言っては伝わらないと、
嫌なものは嫌とハッキリ言わなきゃと、すごくキツい言い方をしていた気がします。
なんだか切なくなりました。
最後に「アツコ、ガンバッテ!」と言われ、ウルウルしながら飛行機へ。

しばらくウルウルしてたくせに、あっという間に寝てしまいました。
飛行機はガラガラで横になって眠れたので、あっという間に日本でした。


c0103729_13265197.jpg

食材をたくさん買ってきました。あー、でももっと買えばよかった。


                                      

これで今回の旅も終わりです。

旅の思い出を共有できることで「絆」がいっそう深まる気がします。
まきちゃん、ツボ、ありがとう。一緒に過ごした全ての時間が楽しかった。
ママ、今度はどこへ行こうか。

仕事が忙しかったり、結婚したり、子供がいたり…
こんなに長く一緒に旅をすることは簡単じゃありません。
でも、いつかまた一緒に旅をしたい友達がたくさんいます。

だから、いつか行ける時がきたら、行こうね。


おしまい
[PR]
by pi-atto | 2011-06-28 13:51 | たび
ベトナム旅行日記 vol.7
ベトナム旅行日記 vol.1
ベトナム旅行日記 vol.2
ベトナム旅行日記 vol.3
ベトナム旅行日記 vol.4
ベトナム旅行日記 vol.5
ベトナム旅行日記 vol.6


c0103729_127139.jpg

お昼はチュックリンというレストランへ。

c0103729_1281715.jpg

旅も終盤のため、外したくないので相変わらずチャーゾーを食べます。
もうなんか、食べなきゃって思います。太めで肉々しいタイプです。
うん、おいしい。

c0103729_13034.jpg

しつこくハマグリのレモングラス蒸しを。
手前はトムヤムクン。おとなしそうな顔して激辛です。

c0103729_132472.jpg

こちらもハズレのない焼きそばです。

2人だとコレが限界。すぐお腹いっぱいになるけどすぐ空くので、
もうこれは刻んでいくしかありません。

c0103729_1352225.jpg

ニャチャン名物なのかな?タップバーホットスプリングセンターへ。

c0103729_1365013.jpg

緑に囲まれる中で泥につかる、泥温泉。
たっぷりのミネラルを全身に浴びて、ツルツルになります。
チョコレートフォンデュになった気分。

コースは色々選べるのですが、大浴場的なところに入る勇気はなく、
2人用のバスタブのコースにしました。
泥の温泉にゆっくりとつかり満足。
…からの、普通の温泉に45分入れといわれ、ちょっと苦痛です。長い…
スイカを食べながらひたすら時間が経つのを待ちます。
そのあと、たっぷりとフットマッサージを受けて、さらに
「15万ドン(600円)で全身のアロママッサージもつけない?」と誘惑されます。
この辺は事前にまきちゃんから聞いていたので慌てることなくお願いしました。
3時間くらい滞在して1人2000円弱くらいかな?
ちょっと変わった体験もできたので非常に満足でした。

c0103729_1484722.jpg

スパも終わって日も暮れて、ホテルに帰ります。

c0103729_151529.jpg

この「クルクル」好きです。

c0103729_149241.jpg

ちょっとお茶して帰ります。
カフェにいた犬がかわいくて。もう一度キャビィに会いたいよ。


この時期はちょうど、「ニャチャン・オーシャンフェスティバル2011」開催中。

c0103729_1948369.jpg

日が暮れる頃には街もキラキラと色づき賑わい始め、

c0103729_1951068.jpg

ビーチ沿い「チャンフー通り」も歩行者天国に。

c0103729_19485748.jpg

昼間はこんなんだったのに

c0103729_19493876.jpg

どこに居たんだ、この人たちは。
有名な歌手のライブがあるらしく、テレビ放送もしていてとにかく人がすごい。

とにかく音楽がガンガンです。
流行っているのでしょう、ちょっと古い感じのハウス系かムード歌謡的なV-POP ?
が深夜まで鳴り響きます。
その音がすっかり染みつき、自然に口ずさむようになった私でしたが
日本に帰ってきたらすっかり忘れてしまいました。

ニャチャンへ行ったら、焼き海老、焼きガニを食べる!
そう決めていた私たち。

c0103729_274883.jpg

道で量り売りしている海老やカニを発見!こんな風に選んで

c0103729_293396.jpg

バーベキューしてもらいます。

c0103729_2145523.jpg

どこからともなくテーブルといすが出てきます。食べる場所あったんだ。

c0103729_2102228.jpg

念願のカニ。おっきい!

c0103729_2103878.jpg

カニツメうまーい

c0103729_211490.jpg

特大の貝は、ピリピリ辛のカレー風味。

c0103729_2114545.jpg

カニに憧れますが、結局いつも海老の方がおいしいとの結果になります。
ロブスターも同じです。ロブスターはやめときました。

海老をもう一回おかわりして1人1200円くらい。
ビールは持っていたのでそれを飲んでました。
道だし…安いのか高いのか初めてよくわかりませんが、
目的を達成できたので、私は大満足であります。なによりおいしかった!

ホテルに戻る途中、香ばしそうな見た目につられて焼きトウモロコシを。
c0103729_2204532.jpg

これが、カワイイ顔して激マズ。
食べてみないとわからないですね。侮れません…。


最終日へつづく

ベトナム旅行日記 vol.8
[PR]
by pi-atto | 2011-06-28 02:25 | たび
ベトナム旅行日記 vol.6
ベトナム旅行日記 vol.1
ベトナム旅行日記 vol.2
ベトナム旅行日記 vol.3
ベトナム旅行日記 vol.4
ベトナム旅行日記 vol.5

ベトナム8日間の旅もそろそろ終わりを迎えます。
すっかり体調も整い、この日は朝から張り切ってこー!おー!

ノボテルの朝食ビュッフェもおいしかった!

c0103729_0512194.jpg

どこでも売られているヨーグルト。「VINAMILK」ワタシ好みの味です。

c0103729_0522251.jpg

南国系フルーツ食べ放題

c0103729_0532423.jpg

朝から欲張ると胃がもたれる系。少しずつ、少しずつ。

c0103729_05413100.jpg

日本でもそうなんですが、朝食ビュッフェで食べるおかゆが大好きです。
良くないのはわかっていますが、基本朝は食べないので
こういったものがとてもおいしく感じます。

ベトナムではソースやパクチーなど薬味が多いのですが、
その中でも必ず出てくるのが「生の唐辛子」
乾燥の感覚で入れるとおしりから火が出るので注意。
でもすごくおいしいので、私はこのくらいのおかゆに一つ入れて途中で出します。
気がきかないので写真では入っていませんが。

c0103729_0583346.jpg

こういうパンだって食べたいー。
…けど、おなかが許してくれません。あー、持って帰りたい。

朝食をすませて街をプラプラ。

c0103729_10528.jpg

こういった織物をよく見かけますが

c0103729_103989.jpg

このように手作りで作られているようです。
作っている過程をみると魅力が増して見えません?
目の前で焼いてくれるステーキと同じかもしれません。

c0103729_13943.jpg

美容院です。いや、床屋か。
ホーチミン市街の美容院は日吉の美容院くらいではありますから。

c0103729_152896.jpg

初めて来た時は頭にかぶっている「カサ」がかぶりたくて仕方なかったものです。

ニャチャンでも市場に行きました。
ホーチミンとは少し雰囲気が違います。観光客向けのお土産物はほとんどなく
街で暮らしている人たちが利用している「市場」でした。

c0103729_173281.jpg

山のような野菜や果物を切ったり剥いたりしていました。

熱気のこもる市場に長居はできず、スーパーマーケットに向かいます。

c0103729_1124633.jpg

日用品から食材まで何でも揃ういたって普通のスーパーマーケットです。

c0103729_1162799.jpg

2WAY買物かご。目からウロコです。いいじゃん、これ。

c0103729_119116.jpg

さんざん探したけどアルミ製のスプーンはもう売っていませんでした。ショック。

c0103729_1222228.jpg

細かいおつりは飴になります。
タクシーだと勝手にチップになります。
運転手によって「細かい」の基準は違います。まぁいいけどね。

さて、そろそろお昼ゴハン。

つづく↓
ベトナム旅行日記 vol.7
[PR]
by pi-atto | 2011-06-28 01:25 | たび
ベトナム旅行日記 vol.5
ベトナム旅行日記 vol.1
ベトナム旅行日記 vol.2
ベトナム旅行日記 vol.3
ベトナム旅行日記 vol.4

ベトナム6回目にして初のニャチャン。ホーチミンから飛行機で50分弱。
…とはいえ、移動は疲れるものです。
連日めいいっぱい遊んだ疲れもあって、
飛行機乗って爆睡→ホテルまでの移動も爆睡。
すっかり夜になっていました。そしてまた爆睡。

c0103729_1933559.jpg

バルコニーから見える夜景もなかなか。

c0103729_19343248.jpg

シャワーカーテン嫌いの私にとってはうれしいバスルーム。
取り外せるシャワーが付いているのもポイント高いです。

c0103729_19355760.jpg

ホテルは2008年にできたばかりの大型リゾートホテル「Novotel Nha Trang」
目の前はビーチ。

海が好き!リゾートが好き!…なのですが、泳ぎが苦手中の苦手。
だから海はいつも見るだけ〜。
心強い仲間がいっしょな時はシュノーケリングしたりします。
ダイビングだって経験あり。でもね、やっぱり苦手なんです。

c0103729_1937546.jpg

こういうところで寝ながらビールは大歓迎。

c0103729_19385889.jpg

日差しが怖いので、曇っている時に海に来ました。

c0103729_19402639.jpg

街はベトナムだなーって感じ。ホーチミンよりだいぶ田舎な感じです。

ちょうど、「ニャチャン・オーシャンフェスティバル」開催中だったため
街はイソイソと準備をしていました。


でも今日はお母さんの体調が優れず、ホテルでのんびりすることに。
…とはいっても、そんなにジッともしていられないので
1人でホテルのプールに遊びに行ってはみたものの
慣れていないので遊び方がわからず、とりあえずチャプチャプしてみました。

今度誰か教えてください。

c0103729_20232135.jpg

諦めてホテルのエステでオイルマッサージを堪能。
ここのエステは今までで一番良かった!
最終日、3時間半コースを堪能するのでその話はまた後で。

そうしているうちにすっかり日も暮れたので、
少し復活した母と軽く夕食を食べに行きました。

c0103729_2084863.jpg

ニャチャンはシーフードがおいしいと聞いていたので、それも楽しみ。
「ニャチャンシーフード」というレストランに行ったのですが、
この日は軽く食べただけ。ママも元気ないし、なんだか私も食欲が出ません。

なんだか2人が帰ってしまったことが急に淋しく心細くなりました。
やっぱり旅は「食」を楽しんでこそです。


c0103729_20122214.jpg

2日目の朝、快晴。
少し疲れていた胃も、昨日お休みさせて回復。お母さんも無事回復!
なんだか海も空もスッキリしてるし、心を入れかえて今日は動きます。


つづく↓

ベトナム旅行日記 vol.6
[PR]
by pi-atto | 2011-06-27 20:31 | たび
ベトナム旅行日記 vol.4
ベトナム旅行日記 vol.1
ベトナム旅行日記 vol.2
ベトナム旅行日記 vol.3

ホーチミン4日目。
2人は帰国し、私たち親子はニャチャンへ移動の日。
だから4人旅は今日が最後。さみしい。

最後の日は、朝一でオーダーした洋服を取りにいってチェック。
お母さんは少しサイズ調整をお願いしたところ、夕方までには仕上がるとのこと。


c0103729_229491.jpg

やっぱりアレも買いたい…なんて、少し街をウロウロ。


ドンコイ通りにある「ボンセンホテル」のビュッフェが安くておいしい
と聞いていたのですが、毎朝ビュッフェなのでやっぱり…と

もう一度フーンライへ。
c0103729_2292346.jpg

これから4人で食べる最後の食事です。

お揃いの「旅ポシェット」はとっても便利。
薄くて軽くてかさばらず、ポケットが多い。お金を直接入れてもOK。
旅の間は肌身離さずかけてます。

c0103729_22105510.jpg

気に入ったメニューをリピートして

c0103729_22132517.jpg

別れを惜しんでワインを2本空けました。シクシク。

c0103729_22144027.jpg

さよならチャーゾー。また食べに来るよ。

c0103729_22153239.jpg

海老のココナッツ蒸し。
海老たちも離れたくないと言っているようです。シクシク。

c0103729_22163627.jpg

豚の生姜焼きと海老と花ニラの炒め物。

c0103729_22175856.jpg

こちらはブンです。フォーと同じ米麺ですが、平打ちではなく丸麺。
というわけでコシは一切ありません。というか求められていないようです。

ベトナムでは、メシ系にはほぼソースをかけます。
料理に合ったソースが一緒に出されます。
ですから、薄味に仕上がっていますがそのままでも十分おいしいです。
この料理にはソイヤソースをかけるのがベトナム流。
私はそのまま食べてから、あとからかける派です。

アイスコーヒーも最初はブラックで途中からミルクを入れ、
さらに最後にガムシロ入れて3WAYで楽しむ派です。
あっ、これは日本での話です。
つまり欲張りって話です。

c0103729_2231570.jpg

コーヒーの話で思い出したわけではないですが、この旅でもちゃんと
「みなちゃんのコーヒーショップ」を2人に紹介しました。
心なしかお客が増えていたような気がしました。

これでホーチミンとはしばしお別れです。

6月はホーチミンは雨期なので覚悟していたのですが、
スコールにあたったのは、一度だけでした。
「日頃の行いが良いんだね」なんて口に出した瞬間降り出しそうだったので
あまり天気には触れないようにしました。

今回、2人と一緒に旅行ができたことが私にとって何よりうれしくて
毎日が全部楽しくて、笑顔の絶えない旅でした。

まきちゃんと部屋に戻ってからもおなかがよじれる程笑って飲んだ夜は
楽しすぎて、どこへ行くかではなく誰と行くか、
そこがどこでもきっと楽しかったんだと思います。
でも帰らなくていいってサイコー。
今思い出しても笑っちゃう…

1日中地図を眺めているツボを見て
「こんなに買物付き合わされて、、たいくつかな…」と思った時もあったけど、
M君にしろお父さんにしろ、男の人はよく地図を見るもんなんだと開き直り
途中からほったらかして買物に夢中になりました。あはっ。
それにしても初めての土地なのに道案内してくれて本当に頼りになりました。

2人とも本当にありがとう。
お母さん2人だったら、食事3分の1、道に迷う時間3倍となるところでした。
おかげでとても素敵な旅になりました。


さて、これから初めてのニャチャンです。
そして母子2人旅の始まりです。



まだまだつづく↓


ベトナム旅行日記 vol.5
[PR]
by pi-atto | 2011-06-20 23:16 | たび
ベトナム旅行日記 vol.3
ベトナム旅行日記 vol.1
ベトナム旅行日記 vol.2


ホーチミン3日目。今日はお買い物がメインです。
朝食をすませて、ブンも一緒に市場へ行きます。
ブンと言っても麺ではありません。友人の名前です。

いくつも市場はありますが観光客がよく行くのは「ベンタイン市場」
観光客が多いため最初は何倍の金額をふっかけられます。
ダメダメー!そういうのは旅を台無しにしますから。

ホーチミンでのお買い物のコツは、最初に市場へは行かずに、街を散策します。
物の相場がわからずに行くと、ボラれてもわからずに買ってしまうでしょ?
市場の方が安いだろうと思ったら大間違い。逆に高い値段からのスタートです。

市場には街で売っているものと同じ物がたくさんあるので
(市場から仕入れていますからね)
街で欲しいものに検討をつけ、だいたいの値段を把握し、市場に行くのが良いです。

たくさん買う場合はディスカウントしてもらえるので、
大量にお土産を買う場合は市場がおすすめ。
でもこのベンタイン市場、値切り合戦がなかなか面倒くさいです。
中は蒸し暑く、根負けしてしまうこともよくあります。
だってすごく頑張って10000ドン負けてもらっても日本円にしたら40円でしょ?
やってられません。だからといってボラレたくはない。
そんな自分との戦いでもあります。

あと、街の涼しい店内でキレイに陳列されている店内でステキに見えた物が、
蒸し暑い市場で山のように積み上げられていると、
ガラクタに見えるというマジックにもかかります。

そしてもう1つは「ビンタイ市場」
街からタクシーで20〜30分のところにあるのですが、バスで行くことにしました。
c0103729_17104721.jpg

メリン広場近くから出ている1番バスで終点まで行きます。
バスは4000ドン。16円です。

こちらは「ベンタイン市場」の仕入れ先でもあるらしく、
現地の商人でごった返しています。観光客もほとんどいません。
日本人だからといって猫なで声は出してくれません。英語も通じません。

ビンタイ市場内の狭い通り道をぼーっと立ってると
「オラオラ、ジャマだよ、どきな」とでも言っているのでしょうか、
イカツめの兄ちゃんならともかく、イカツめのおばちゃんにまで怒鳴られます。

値切るものならツバ吐かれそうなので値切ったことはありません。
というか、いつもブンにおまかせしています。


c0103729_17113869.jpg

バス停でバスを待ちます。
手の組み方からあごの角度まで同じですがツレではありません。赤の他人です。

c0103729_17145165.jpg

ここがビンタイ市場です。チョロンというチャイナタウンにあります。
町並みがチャイナっぽくなったらもうすぐ着きます。

c0103729_17172889.jpg

バックは前にかかえてね。カメラは気をつけて!
サクッと欲しい物をゲットし、チョロンを後にします。

c0103729_17255833.jpg

「ファニー」でのアイスクリームプレゼント券がツアーについていたので
ひと休みがてら寄りました。

ベトナムはアイスクリームもおいしくて有名。
アイスクリームが有名っていわれてもピンと来ませんが
フルーツがふんだんに使われるからでしょうか。
やっぱり暑いからでしょうか。おいしい。

こちらのパフェ、かわいい顔してラムがキツめです。
ちょっと酔っぱらいそうです。

朝から買物に夢中でお昼がすっかり遅くなってしまいました。
ダメダメ、夜食べられなくなっちゃう。と、食がメインの旅なので必死です。


本当は夜に行きたかったけど相当おなかも減っているので
前から行きたかった「ゴックスーンマリーナへ」

c0103729_17324561.jpg

シーフードならおまかせのレストラン。
これもまたリーズナブルでオシャレで地元の人にも人気です。

c0103729_17303066.jpg

海老の串焼き。海老好きにはたまらん一品です。

c0103729_17353329.jpg

BBQした海老をライムをキュッと絞った塩につけていただきます。

c0103729_1737524.jpg

ソフトシェルクラブ。
脱皮した直後のカニをフライにするので皮ごと食べられておいしい!
すごく大好きなのですがここはちょっと揚げすぎで残念。
2人にももっとおいしいの食べてもらいたかった…。おいしかったんだけど!

c0103729_17393412.jpg

ここでもまたチャーゾーを食べました。
お肉がぎっちりつまってるタイプのチャーゾーでした。
ベトナム料理=パクチー=苦手
…な人は、真ん中のどっさりパクチーを食べなければいいだけです。
シソとかも混じってるから選べば結構イケると思います。

c0103729_17404988.jpg

そしてまた蓮の茎サラダも食べました。
シーフードのお店らしく、ヤリイカがたっぷり。

c0103729_1743865.jpg

海鮮たっぷりの鍋。
ベトナムは暑い国なのに皆よく鍋を食べます。
とってもおいしいです。魚介も野菜もたっぷり。

これだけ食べて1人1200円くらいだったかな。
また来たい店ランクイン決定です。
おなかもふくれ、ついでにちょっとほろ酔いになりつつ、お店を後にします。

腹ごなしに少し歩こうと、また街を散策。
街中にある「TAXデパート」内にあるスーパーで買い足りない物を購入。

海外のスーパーマーケットってみんな好きですよね。
私も大好き。珍しい物が安くたくさん売っている。そして安心。
なかなか広めの店内を隅々までチェックします。結構長居しちゃうよね。

c0103729_1745173.jpg

少し涼しくなった時間帯、懐かしの黄色い壁へ。
初めてベトナムに来た時に滞在した地域なのですが、
この黄色い壁が私にすごくベトナムを感じさせました。
この壁はなくならないで欲しいなー。

c0103729_1752281.jpg

リンゲストハウスへ。
ベトナムに来るとここに滞在していました。

ナムさんが皆によろしくと。「またパーティしよう」とちょっと踊ってました。


お昼にたくさん食べたので、あまりおなかは空かないけど
時間がきたので夕食です。

c0103729_1755875.jpg
コーグーレストランに行きました。
ここもベトナム料理。
地元の人に親しまれるお店です。だからガイドブックには載っていません。

安くておいしい、それが一番。そして、キレイでサービスが良ければ最高です。


c0103729_17582796.jpg

生春巻き。こちらはモチモチタイプ。
生春巻きの向こうに見える唐辛子ですが、コレは気をつけて!
生だからものすごぉぉぉく辛いです。フォー1杯に1つ2つでも結構辛いです。
時間が経つにつれ、どんどんスープが辛くなります。

でもこの辛さ、たまらなくおいしいんです。

c0103729_1759477.jpg

またまた蓮の茎サラダ。パイナップルにインされています。
お花のように咲いている赤いのは唐辛子なので注意。

c0103729_1804332.jpg

シャンパンっぽいものない?とオーダーしたのが、
ロゼのスパークリング。甘っ。
ビールをチェーサーになんとか1本飲みきりました。お酒を残すのは罪。

c0103729_1825550.jpg

お店の人一押しのメニュー。
「牛肉のステーキをこのワサビ菜に包んで召し上がれ!このソースをつけてね!」
「なんとソースにもワサビが入っていますぜ!」と自慢げだったんだけど、
黒糖?ベースにワサビが入っていてなんとも複雑すぎる味。未知の味。

みんな一口食べて、「ん?」と一考。
結果、ソースをつけなければ美味。ということになりました。

c0103729_1882919.jpg

ハマグリの白ワイン蒸し。洋風アサリの酒蒸しですね。
ベトナムに来たらたくさん食べたいものの1つ。


夕飯は少なめ。ちょっと旅疲れ?食べ疲れ?
ホテルに戻ってひと休み。

すごく疲れてるけど、明日2人は帰っちゃうんだもんっ。さみしい。まだ寝れない!
シャワーを浴びてスッキリしてから2人の部屋に向かい、ビールを飲みました。

バスの中で見た集金のお姉ちゃんと、おばちゃんの大げんかの話で盛り上がり、
最後の夜は更けていった。

明日がホーチミン最終日。さみしー。


つづく↓



ベトナム旅行日記 vol.4
[PR]
by pi-atto | 2011-06-20 18:25 | たび
ベトナム旅行日記 vol.2
ベトナム旅行日記 vol.1


ホーチミン2日目の朝。朝食ビュッフェに集合。
ホテルの朝食大好き♡

c0103729_1323882.jpg

もちろんフォーもあります。こちらは「フォー・ボー」
「ボー」は牛肉。ちなみに「ガー」はチキンです。


c0103729_1351721.jpg

フレッシュジュース。手前のトマトっぽいのはスイカジュースです。

c0103729_136590.jpg
ベトナムはパンもおいしくて有名です。

街のワゴンでよく売られている「バイン・ミー」もおいしくて有名。
いわゆるサンドイッチですね。ただパンが違うの。
バイン・ミーのパンは、カリッカリでスカスカしているパンなのです。
「スカスカ」って表現がおいしくなさそうだけど
軽いのでパクッとイケちゃうんです。
ただ、暑い中売り歩くワゴンの中のハムが怖い…。大丈夫?
おなか壊した人の話は聞いたことありませんが。。

c0103729_13104284.jpg

ワッフルもしっとりカリカリでおいしい。
私はこの類いのものが大好きなのです。パンケーキとか。
一つ頼むとこのボリュームなのが難点。他にもいっぱい食べたいし。
みんなで少しずつ。

c0103729_13115778.jpg

爽やかな朝です。今日も一日食べ尽くすぞー!



ベトナムのもう一つの楽しみは「オーダーメイド」


自分の好きなデザインを日本から持って行くのもヨシ。
サンプルから好みのデザインを探すのもヨシ。
「この服と同じものをこの生地で!」なんてことも簡単にできます。
オーダーメイドにかかる時間はだいたい1日。
仕上がったら試着して、気に入らない所はお直ししてもらいます。
どこでも無料で直してくれます。

高級な生地を格安でオーダーメイドできるので、おすすめ!
男性もシャツやスーツだってできますよ。
日本の流行を取り入れているのか、ショートパンツなども増えていました。

c0103729_13274381.jpg

こんな中からデザインを選んで
c0103729_1328785.jpg

たくさんある生地のなかから色や柄を選ぶ。ベーシックなものもたくさんあります。

今回はこんなものを作りました。
c0103729_1330291.jpg

ワンピース@emem 日本円で4500円弱くらい まきちゃんと色違い♡
サラサラの生地が気に入りました。
c0103729_14152318.jpg

ブラウス@DIVA Silk
これは3000円ちょっとくらいかな?
高級なシルクの肌触りはとても良いです。

だいたいワンピースのオーダーで30$〜50$くらいが相場かな?
(シャツやブラウス、スカートなどは20$くらいから)
ツルツルと光沢のあるシルクはとてもキレイなのですが、
そんなにパーティがあるわけでもなく、なかなか着る機会がないので
普段でも着やすいワンピースに。
キラキラとスパンコールがついた夏サンダルも600円で購入!安い!

c0103729_13393734.jpg
お昼は私の一押し!46ABanh Xeoへ。
お好み焼き大好き。ベトナム風お好み焼きです。
皮はパリパリ香ばい。このカリカリは小麦粉でなく米粉だから?
モチモチしているバインセオはあまりおいしくありません。
中はもやしと海老と豚肉が主流。
これを、レタスや香草などに巻いてヌクマムをつけて食べます。

バインセオ
巻くのではく、バインセオ巻きます。
1人前60000ドンだったかな?
今10000ドンが40円以下なので、240円くらい。
2人で一つで十分なので、ビールも飲んで1人200〜300円です。

c0103729_13583182.jpg

ここでカリッカリに焼かれます。
c0103729_13535052.jpg

今日は空いているけどいつもは地元の人や観光客でにぎわっています。
2年前にも来ました。

c0103729_13574061.jpg

まだおなかに余裕があるのでこのまま歩いてフォーを食べに行きます。

c0103729_13595121.jpg

ここ、「Pho Hoa」ってお店のフォーは絶品!!!
今まで食べた中で一番おいしかったです。
写真は肉なしのフォーですが、ここは「フォーボー」がお薦めらしいです。
一口もらったらお肉が柔らかく臭みがなく、スープもしっかり薄味で
とってもおいしかった。
もちろん、ベジタリアンフォーも最高!

おなかもいっぱいになったのでマッサージへ。
まだまだあるベトナムの楽しみと言えば「マッサージ&エステ」です。
飛行機で足がムクムクなので、この時を楽しみにしてました♡

c0103729_1454734.jpg

ベトナムに来ると必ず行くマッサージ店「ゴックアン」へ。
最近は2号店もできて、そちらはエステ的なサービスに力を入れているようです。

ここはマッサージというより整体に近いかも。
タイ式なので「痛気持ちいい+痛い」って感じです。特に指圧は効きます。
また、「ストーンマッサージ」といって石を熱したもので全身をこするので
気持ちがよくてうっかり寝てると、「熱っ」とびっくりします。
でも慣れると気持ちいいんだコレが。
頭の先からつま先まで75分じっくりマッサージしてもらって、
180000ドン(720円)+チップ。
前にマッサージのチップは50000ドンが相場だと言われ、
それ以来50000ドンにしているのですが、
貨幣価値が変わってきているのでちょっと少なかったかな…と不安。

街に戻ると突然のスコールに降られ、コーヒーショップへ。

c0103729_1421426.jpg

ベトナムのホワイトコーヒー。
甘〜いコンデンスミルクに苦〜いコーヒーをゆっくり落とします。

2人も初のベトナムコーヒー。
「ミルク入りはビックリするくらい甘いよ!」
と忠告したにも関わらず、目を丸くしてビックリしてました。

ね?…と言った私も久しぶりの甘さにビックリ。
特にここのは甘いみたい。チョコレート飲んでるみたい。
でもおいしい♡




一時間くらい雨宿りしてスーパーへ。
調味料などのお土産を買って、そのまま夕飯へ。





夕飯はこれまたおすすめのHuong Lai(フーンライ)へ。
日本人のオーナーが経営する落ち着いた雰囲気のレストランです。
特に日本人向けの味付けにしているわけではないようですが、
優しい味付けがとてもおいしく、地元の人をはじめ観光客にも人気があるようです。
なのにあまり混み合っていないという、なんとも落ち着くレストラン。

フーンライのスタッフは、元ストリートチルドレンや孤児だった人たち。
オーナーのベトナムに対する愛が感じられます。
若い子が多いのですが、皆礼儀正しく、温かい接客でとても良い時間を過ごせます。

c0103729_14463952.jpg

ビールもたくさんあります。
写真にはないけど、私が一番飲むのは「333」さっぱりと飲みやすく水代わりです。
一番お手頃なのは「サイゴンビール」かな?

c0103729_14544425.jpg

海老と蓮の茎のサラダ。シャキシャキの蓮の茎は絶品。

c0103729_14553767.jpg
出ました、生春巻き。
お店によっては皮が紙のように固いけど、こちらは柔らかく日本人好み。

c0103729_14565952.jpg
チャーゾー。揚げ春巻きですね。
具は、海老や豚肉のミンチが主流。

フーンライの揚げ春巻きは極薄の皮が重なっているように
フワッとしたカリカリ感があってこれまた絶品。
このチャーゾーはここでしか味わえない。

これらはヌクマムをつけていただきます。

c0103729_14591936.jpg

海老のタマリンドソース炒めと、五目炒め。
タマリンドソースとは、すっぱ甘辛いいわばチリソースみたいなもの。
でも「すっぱ」の部分がメインです。

c0103729_1532493.jpg
こちらは焼きそばです。
フォーやブンなどベトナムには色々な麺があるけれど、
メニューのヌードルのトコロにあるこれはコシのない中華極細麺みたいな感じです。

c0103729_1553876.jpg
日本でいうところの土鍋ゴハン。日本人の口によく合います。

これら麺やゴハンものには「ソイヤソース」といった、
醤油的なものをかけていただくのがベトナム流。

醤油を直線で表すなら、ソイヤソースは直線の終わりに一波ぽこっとある感じ。
ちょこっとだけ、ベトナムな感じです。
ヌクマムが苦手な人でもこれならイケるのでは?

c0103729_16422630.jpg

みんな大好き「空芯菜のガーリック炒め」
シャキシャキとしたなんとも言えない歯ごたえと
食欲そそるガーリックで、ビールもすすみます。

日本で買うと高いですよね。1束200円以上はします。
帰ってきてから1度作りましたが、2束使っても炒めちゃうとコブシ2つくらい。
行ったら絶対食べないと!


c0103729_1510149.jpg

「ゴーーン」ベトナム語で「おいしい」です。

これだけ食べて、もちろんビールも飲んで、デザートにプリンとチェーを食べても
1人1000円ちょっと。

ベトナム旅行の楽しみ方は、好きなものを好きなだけ食べること、飲むことにあり。
物価が安いので、200円もあればおなかもいっぱいになりますが、
日本でいう、500円ランチと2000円ランチの差はベトナムではありません。
同じ4倍、5倍でも、日本円にすると差額はわずか。

超高級フランス料理店に行けば30$くらいするところもあるけれど、
(それでもじゅうぶん安いけど)
私は、新鮮でおいしい食材を使って丁寧な仕事をする
地元の雰囲気の良いレストランでの食事が好きです。

ベトナムに行ったことある人も、行ったことない人も
行きたいなーと思ってもらえたらいいな。と願いつつ。


つづく↓


ベトナム旅行日記 vol.3
[PR]
by pi-atto | 2011-06-20 15:35 | たび
ベトナム旅行日記 vol.1
6月10日からホーチミン&ニャチャン8日間の旅。
ベトナム旅行6回目にして初のニャチャン[Nha Trang]。
アジアのリゾートとして人気のあるこの土地に、
一度は行ってみたいと思っていました。

今回は友人夫婦とスケジュールを合わせてホーチミンで合流。
ベトナム旅行の一番の楽しみはなんといっても「食」。
あれも食べたい、これも食べたい…。
人数が多い程たくさんのメニューが食べられるでしょ?
2人はとても頼もしい存在でした。



c0103729_1158199.jpg

ホーチミンでの宿泊は「ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン」
ホーチミンの中心地、ドンコイ周辺のメリン広場の近くにあります。


c0103729_1205240.jpg

部屋はこんな感じ。

c0103729_1214817.jpg

まずは近所で腹ごなし。

機内食は食べない派です。
飛行機でグッスリ眠れるという幸せな体質と、
現地での食をめいいっぱい楽しみたいから
おなかはガラガラに開けときたいんです。

街のあちこちで見かける「PHO24」。
あと「PHO2000」っていうのもあちこちにあります。
ここはファーストフード的なお店で、まぁ、最初に行くにはいいかも。キレイだし。
クセもないし、苦手な人でも食べられると思います。

基本、香菜は「後ノセ」ですから。


c0103729_12101273.jpg

背の高い建物があちこちに建設中でした。
次に来る時はまただいぶ変わってそう。




そして夜、2人と無事合流。
初めてのベトナムということで、まずはオシャレでキレイなレストランへ…
と企画していたのですが、ベトナム人の友人に
「ボクノレストランへイキマショウ!」
と誘われディープなレストランへ。


c0103729_12205586.jpg
アヒルです。皮はパリパリで香ばしい。
私はお肉はあまり食べないので一切れだけ。

ブンはだいぶ私の好みを知ってくれているようで
他にも空芯菜のガーリック炒めやハマグリのレモングラス蒸しなど
私たちが食べやすい料理をたくさん振る舞ってくれました。

あと、大量のビール。


喫煙率の高いベトナム人なのに誰もタバコを吸わないなーと思いつつ、
タバコに火をつけたら、皆続々とポケットに手を。
日本の禁煙ブームを気にして遠慮してくれてたみたい。


c0103729_1231498.jpg

「おっ?吸うんだね?」みたいな感じで
ノリノリでベトナム式水タバコのようなものを持ってきました。
男性ということで非喫煙者のツボが吸うことに。
「味はうまい」とのことでした。


c0103729_12355573.jpg

店の裏にはフットサル場。皆、あれだけ飲んだのに普通に走ってます。
私たちはちょこっと見学だけ。


c0103729_12374830.jpg
ベトナムでの乾杯は「ヨォー!」。そして何度も何度もするのがベトナム流。
…ってことは私の「かんぱ〜い」もベトナム流ってことか。

親切で温かい現地の人と触れ合って、楽しい夜でした。

初めての人と来ると、「大丈夫かな?」って色々心配しちゃうんだけど
こんなスタイルも2人は全然抵抗ないみたい。
そのことがわかった私は「明日からますます気楽に満喫できる!」と
ますます楽しみになりました。

この日はホテルに戻ってビール飲んで就寝。
明日からはホーチミンフルコース。


つづく↓

ベトナム旅行日記 vol.2
[PR]
by pi-atto | 2011-06-20 12:54 | たび
Hawaii 4day
c0103729_12244529.jpg
結婚式の夜。いつもの姿に戻って打ち上げー!!
c0103729_12255880.jpg
初めまして&旅仲間のケイタ&エリ夫妻。
とっても気さくであったかい雰囲気の2人。
c0103729_12282367.jpg
幼なじみのサイちゃんと旦那さまのおかちん。
おっとりとぶっ飛んでるという、なかなかいないタイプの2人(笑)
巡り会いって不思議。そしてステキ。
c0103729_12325281.jpg
旅のパートナー、ユウ。
隠し撮り風でごめんなさい。
ユウのおかげでとってもリラックスした旅になりました。
ハワイの結婚式があったから、こうやって仲良くなれたんだよね。
またいつかユウと旅行に行きたいなー♡
c0103729_12361027.jpg
ジュニアスウィィートのお部屋で思いっきりワインをいただく。
明日早いよー、大丈夫かーーーい?
もしタイムマシンがあっても、注意しには行きません。
だってこの時間は旅を締めくくる、とっても大切な時間になったから。
次の日の二日酔いなんて、へっちゃら!…へっちゃら!!
c0103729_12393310.jpg
へっちゃらだよね〜♡
c0103729_12402192.jpg
アロハ〜♡

これでハワイの旅はおしまい。
旅は終わってしまったけど、ここで出会ったみんなとまた会える日が来ると思うと
それもまた楽しみ。
これからもよろしく♡
素敵な仲間と、おいしいご飯とおいしいお酒、美しい景色と、笑える話。
たくさんの思い出をありがとう。

一生の思い出になりました♡
Love & Peace!
[PR]
by pi-atto | 2010-11-10 12:56 | たび
Happy Wedding♡ Tubo & Maki
c0103729_1523417.jpg
じゃじゃじゃーん。お待たせしました、ツボ&マキちゃんです。
2人とも素敵すぎまーす。美しすぎまーす。
すっごくすっごく、お似合いでーす。
c0103729_15245645.jpg
かわいい、かわいいよ、まきちゃん。
c0103729_15252054.jpg
2人のお部屋から見える海。
c0103729_15253660.jpg
最高のロケーション。
c0103729_1526625.jpg
ユウが作ったウェルカムベア。かわいいー。愛情の分だけ綿がつまってます。
ウェルカムボードもステキ♡
c0103729_15274520.jpg
ウェディングケーキもハワイらしく鮮やか。
c0103729_15283176.jpg
ケーキカット。どうせカットされるなら、こんな素敵な2人にカットされたい。
ケーキの気持ち。
c0103729_15285649.jpg
絵になるよね〜
c0103729_16173166.jpg
こぼれる程の愛情を。ヒューヒュー♪
c0103729_1530934.jpg
ツボのかわいい甥っ子&姪っ子たち。
わかる、わかるよ、ツボ。
かわいすぎるよねー。あー、翔太に会いたい。

…おっと、、つづき、つづき。
c0103729_15315210.jpg
式の前にリレー。コーちゃん、浮いてるよ。
c0103729_15345722.jpg
久保家のみなさまおめでとうございます。
c0103729_15343261.jpg
松尾家のみなさまおめでとうございます。
c0103729_15371971.jpg
かんぱ〜いっ!おめでとう!!!
c0103729_1538429.jpg
あー、やっぱりお似合い。
c0103729_1621879.jpg
友人一同でございます。
c0103729_15413590.jpg
ユウの言葉にツボ。「泣けるわ〜」
c0103729_15434118.jpg
お料理も最高でした。
c0103729_15463139.jpg
エビもコーンもプリプリ。自然な甘みは絶品。
c0103729_15463967.jpg
フワフワじゃなくってフワッフワなお魚。
c0103729_15465067.jpg
出たな、プリプリちゃん。またしてもうまし。
c0103729_15494637.jpg
お肉は二層仕立てでございます。
背景としてボケているタロイモのグラタンだって、メイン級においしかった!
c0103729_1547275.jpg
いつもだったら絶対食べきれないデザートまでいけました。
なに?シェフ、私の好み知ってんの?と聞きたい。どれもこれもおいしいんだもん♡
c0103729_15572522.jpg
シンプルなドレスに背中の大きなリボンがとってもかわいかったよ♡
すみません、しつこいですが、、ホントにお似合いです。
c0103729_1622640.jpg
そして幸せをお裾分けしていただきました。
2人のおかげでみんながハッピーに♡
そしてこれを見ているあなたまでもがハッピーに♡
c0103729_1611850.jpg
ツボ、まきちゃん、本当に本当におめでとう。
美男美女でお似合いでしょ?
それは写真を見ればわかることだけどね、それだけじゃないんだ。
優しくて、アツくて、おもしろい。
子供や動物が好きなことろも、大食い&大酒飲みなところも似ている、
というより同じな2人。
すごくつながってる感じが伝わるよ。
まきちゃんといるとね、いつも楽しくて楽しくておなかがよじれてしまうんだ。
一緒に喜んだり泣いたり怒ったりしてくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつもありがとう。
末永くお幸せに。
[PR]
by pi-atto | 2010-11-07 16:26 | たび


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31